【栃木県・ひたちなか】”一度は行ってみたい花畑!国営ひたち海浜公園へ行ってみた”

おすすめスポット
スポンサーリンク

一度は行って見たい!そう思わせるようなネモフィラのお花畑で有名な場所をご存知ですか!?

空と同じような青さのネモフィラが一面に咲いている丘の映像、写真は一度は見たことがあるのではないでしょうか。

そんなネモフィラの花畑がある国営ひたち海浜公園はなんとわんちゃんと一緒に行くことができる!ということで今回はおこめと一緒に満喫してきました。

その様子をレポートしていきます。

スポンサーリンク

国営ひたち海浜公園とは

国営ひたち海浜公園は茨城県のひたちなか市にある日本の国営公園でその面積はなんと約200haもあります。

ネモフィラの花畑が有名で、見頃の時期の4月から5月にかけては毎年100万人を超える人が訪れるそうです!

2020年にネモフィラのエリアが拡張され、さらに見応えのあるものになっているんだとか!

ネモフィラ以外にも秋にはコキアなどといった四季折々、さまざまな植物を楽しむことができます!

そして、なんと観覧車、ジェットコースターといったアトラクションもある公園になっています。

開園日、時間については公式HPにてご確認ください。

入園料金は?わんちゃんは料金かかるの?

通常時の入園料は下記の通りです。

大人(高校生以上)450円、シルバー(65歳以上)210円

 

春のネモフィラ(4月〜5月)、秋のコキア(10月頃)が見頃の時期は下記の料金になります。

※花の生育状況によって時期は変動するとのことで詳しくはHPにてご確認ください。

大人(高校生以上)700円、シルバー(65歳以上)460円

※中学生以下は無料

わんちゃんの利用料金は特にかかりませんでした。

(2021年4月現在)

変更になっている場合もある為、詳しくは公式HPにてご確認ください。

国営ひたち海浜公園を訪れてみて

わんちゃんについても規約があり、入り口でしっかりと説明してくださります。

わんちゃんの糞を処理する袋もいただけたので、もし忘れてしまっても安心です。

詳しくは下記にてご確認ください。

訪れるまではあまり詳しくは知らず、ネモフィラ畑だけがあるイメージでした。

実際に訪れてみて本当に驚いたのがかなり広大な敷地だったことです。

ちなみにネモフィラ畑は一番奥にあり、かなり歩くのでわんちゃん用のお水、暑さ対策等は必須です。

(疲れた時ようにスリングや、ペットカートがあると便利だと思います。)

ネモフィラ以外にもチューリップ、菜の花、ツツジなどなど季節によってお花もたくさんあり1日楽しむことができる公園だなと感じました。

お花以外にも、フードショップや、カフェがありわんちゃん用のアイスなども販売していました。

また、わんちゃんは利用することができませんが25種類以上のアトラクションがあるプレジャーガーデンや、園内を走るシーサイドトレインなどもありました。

実際に行ってみてわんちゃんと一緒で利用しにくいと感じることは全くありませんでした。

広過ぎてむしろ時間が足りないくらいでした。

時期によっては人もかなり多いのでわんちゃんを連れて行く以上マナーを守ったり、他の方の迷惑にならないよう配慮することは必須だと思いますが、一緒に楽しく過ごすことができるおすすめの公園です。

ネモフィラの花畑の感想、見頃の時期とは?

ネモフィラの見頃の時期は?
大体の見頃の時期は4月から5月と言われています。
ですが、年によって生育状況が変わるとのことで本当に見頃の時期に見たい!という場合はHPに状況が更新されているのでチェックして行くことをおすすめします。
ネモフィラの花畑の感想は?本当に写真みたいに見応えがあるの?
私が行った際は5月のゴールデンウィークの時期でした。
場所によってはかなりネモフィラが少なく緑が多い感じでした。
ですが、ピークは過ぎていたもののとても見応えのあるものでした。
年によってはもう5月の時期には見れなかったりもするそうです。
ピークを過ぎていてもとても感動したので、2020年にはエリアも拡張されているとのことでさらに見応えのあるものになっているんだろうなととても気になります。
やはりこの時期はかなり人が多いですが、場所、時間帯によってはわんちゃんとこのようにゆったりと写真を撮ることも可能です。
わんちゃんと一緒に是非お出かけしてみてはいかがでしょうか?

アクセス

住所:〒312-0012 茨城県ひたちなか市馬渡 字大沼605-4

タイトルとURLをコピーしました