ドッグフードの選び方、愛犬の健康の為にできること

おすすめグッズ
スポンサーリンク

皆さんは愛犬のご飯選びで困ったことはありませんか?

ドッグフードって本当に種類が多くて迷ってしまいますよね…。

私は今までフードを選ぶ時に何度もフード難民になっており、かなり時間がかかっていました。

時間がかかるのって結構大変ですし、そうなってくると通販のランキング上位のもの

インスタやブログでおすすめに沢山出てくるものなら皆選んでいて大丈夫だろうと判断基準が適当になっていました。

今回はそんな私が思いを改め、フードを選ぶようになったきっかけ、フード選ぶ時の基準、

おすすめのドックフードをシェアできればと思います。

※尚、ドッグフードのスポンサーでも、回し者でも何でもない為、あくまで参考にしていただけたらと思います。

フードを選ぶようになったきっかけ

フードの選び方を改めたきっかけは、自分自身の食生活を改めたことからでした。

自分自身の食生活を見直していくと栄養、成分についてもかなり気にするようになりました。

そこからおこめが食べているごはんはこのままで本当に大丈夫なのだろうか?と疑問に思いました。

恥ずかしながらドッグフードにどんな成分が入っているのか、どういった効果があるのか

悪い成分は入っていないのか成分表を見てもすぐに説明をすることができませんでした。

自分自身がきちんと理解していないことに責任を感じ改めることにしました。

私たちは食べるものを選択することができますが、この子達は私たちが与えたものしか食べられません。

我が家ではドッグフード以外におやつを特にあげていないのでドッグフードが栄養源です。

だからこそ、こだわり、安全、安心なものを食べさせたいと思いました。

フード選びの基準

フードを選ぶ時に皆さんは何を1番重視されていますか?

価格、メーカー、通販のランキング上位のもの、検索しておすすめに出てくるようなものなど判断基準は様々ですよね。

私の今までは、通販のランキングで上位のもの、インスタやブログで紹介されている

皆がいいと思っているものなら間違いないのではないかということが判断基準になっていました。

皆がいいと思っているのものにとても安心感を感じていたんです。

今回まず、改めたことは成分表を1つ1つ確認することです。

成分表を見て分からない成分が入っていたらひたすら調べて判断していきました。

また、事前に良くない成分を調べておき入っている場合はすぐに候補から除きました。

1つ1つの成分を調べるのは大変ですが、時間を一番かけるべきところだと思います。

一度調べたものは記録に残しておくと今後もすぐに確認できますし、

何より1つ1つ理解して選んだドッグフードの方がランキング上位のものよりも安心感がありますよね。

また成分だけではなくとても重要なのが愛犬にとって食べやすいサイズ、食いつきです。

前に成分はすごくよかったのですが、サイズが大きすぎ、硬すぎでおこめが1粒1粒苦労して

食べていたことがありフード選びに失敗してしまいました。

飼い主
飼い主

ごめんね。。。

おこめ
おこめ

し、しんどかった。

いくら成分が良くても愛犬が食べにくいもの、食べないものだと意味がないですよね

フードの切り替えは慎重にお試しサイズから徐々に様子を見て始めるのをオススメします。

おすすめのドッグフード

我が家では今POCHI ザ・ドッグフードを選んでいます。

このドッグフードにした理由はまずお肉やお魚の内容についてもきちんと記載されていたことです。

成分表を見ればお肉について記載があることはもちろんですが

お肉の状態についてまで知ることはなかなか難しいのが事実です。

ミートミールが不使用で新鮮な生のお肉、お魚が使用されておりメインとなる食材にこだわっており

人が食べられるくらいの原材料で作られているところが好印象でした。

また、化学薬品、酸化防止剤など危険な添加物が含まれていないことはもちろん

消化に優しいグレインフリー、グルテンフリーであること、

何よりお試しした時におこめがガツガツ食べていてことが選んだ一番の理由でした。

サイズも1kgと3kgの2種類あり、今は3kgの方が少しお得だったのでそちらを購入しています。

他にもおすすめのドッグフードが沢山ありますので、次回のブログでご紹介させていただけたらと思います。

少しでもみなさまのフード選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました