要求吠えが絶えなかったポメラニアンが全く吠えない犬になった方法

しつけの方法
スポンサーリンク

この教え方を実践するとこんなに鳴かなくて、吠えなくて大丈夫かな?と

心配になるくらい声を聞かなくなりますので、やりすぎには注意が必要です!!

おこめを迎えるとなった時に、ポメラニアンの犬種の特徴として吠えやすい

という記事をみつけて不安になりました。

その予感は的中し来た当初はこんなにキャンキャン鳴いていました。

不安が確かなものとなりかなり落ち込んだのを覚えています。

ゲージから出たくて泣き叫ぶポメラニアンの子犬

飼い主
飼い主

やっぱり吠える犬なんだ。どうしよう...

それからは要求吠えや、鳴き声に悩まされる毎日で、

ゲージから出して欲しい時、ご飯が欲しい時など要求吠えが耐えませんでした。

一応防音がしっかりとしている部屋でしたが、

住んでいる方の迷惑になったらどうしようと思い、

鳴いたり、吠えたりしたら『だめっ!』叱る日々...

おこめ
おこめ

ごはん!ごはん!

飼い主
飼い主

だめっ!!!

おこめ
おこめ

だして!遊んで!!

飼い主
飼い主

静かにしてっ!伝わらない...。どうしよう...。

どんなに注意をしても、私のやめて欲しいことが伝わらず、

グッズを購入し使用してみたりもしましたが、改善されない為とても悩みました…。

ですが、とある方法を実践したところ

現在のように全く吼えないポメラニアンになりました!!

今では全く声を聞かないくらいびっくりするくらいに成長しました。

散歩中や、お出かけ中に会う方や、家族からも静かすぎて本当に驚かれます!

皆さんに今日はその方法をシェアしていきます。

吠えないポメラニアンになる為の方法とは

吠えないポメラニアンになれたその方法とは、

鳴いたり吠えたりした際に別の部屋に移動することです。

なんだ簡単じゃない!と思うかもしれませんが、

案外鳴いていると『どうしたのー?』と愛犬に構ってしまい、

吠えた際は私のように『だめっ!』と注意してしまうのではないでしょうか。

私もそうしていたうちの一人でした。

上記のような行動によってわんちゃんは、

鳴いたり、吠えたりしたら人は構ってくれると認識してしまいます。

だから余計に鳴いてしまいます。

小さい時は余計に心配ですし気にかけて構い、

しっかり教えなきゃと気負い怒ってしまう気持ちがあることはとても分かります。

更に怒っても伝わらないと余計に怒りたくなったり悲しくなりますよね。

ですが、悪いのはわんちゃんではなく、伝える側に原因があるんです。

どんなに頑張っても伝わらなければ意味がないですよね。

心を鬼にして私は上記の行動を徹底しました。

鳴くのをやめたらおこめのいる部屋に戻ります。

※部屋に戻ってまたすぐに吠えたり、落ちつきがない場合はまた別の部屋に移動します。

部屋に戻っても、落ち着いて待つことができていたらゲージから出して褒めたり、おやつをあげます。

これを何度も何度も繰り返すことで

鳴いたり、吠えたりすると人はいなくなり構ってくれない、

鳴かなければ出してもらえるし、ごはんもおやつももらえるしいいことがある

ということを伝えることができます。

そうすることで、現在のように全く吼えないようになりました。

ぜひ試していただけたら嬉しいです。

教えてよかったなと思う瞬間

それは、一緒に外出する時に要求吠えをすることがないことです。

電車を利用すること、カフェに行くことも全く苦にならないですし、

他のわんちゃんに対して吠えることもありません。

私はなるべくおこめと一緒にいろんな場所にお出かけがしたかったので、

外に出た際に吠えることがないので、どうしようと気を使う事がなく

最初に教えておいてとても良かったなと実感しています。

あくまで一例ではありますが、皆さまのしつけの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました