室内でも危険!犬の熱中症対策

知識
スポンサーリンク

最近は暑い日も増えてきましたね

暑くなると多くなってくる症状の1つ、熱中症ですが、実はわんちゃんも熱中症になってしまうんです。

そしてなんと熱中症は外だけでなく室内でも起こり得ます。

今回はそんなわんちゃんの熱中症について、対策等をシェアしていきます!

スポンサーリンク

犬の熱中症とは

犬の熱中症も人と同様、体温が上がることにより脱水症状を起こし、血液が濃縮、血圧が低下することで起こります

熱中症は内臓や脳の機能に障害をを残したり、悪化すると最悪の場合死に至る可能性もある危険な症状になっています。

外で起こるイメージが多い熱中症ですが、室内でも決して安心できません。

そうならない為にも暑くなってきたら飼い主さんが事前に対策をすること、もし熱中症になってしまった場合は症状を知り、いち早く気づき対処することが重要になります。

犬の熱中症の症状

次のような症状がある場合わんちゃんは熱中症の可能性があります。

当てはまるような症状がないか確認してみましょう。

熱中症の症状
  • パウンティングをしている(ハッハッと激しく息をしている)呼吸が荒い
  • 心拍数が普段より早い
  • 体を触ると暑い
  • 舌や口の色が赤い
  • よだれが多い
  • 動きたがらない(ぼーっとしたり、フラフラしている)
  • ご飯を食べない、水を飲まない
  • 横になり起きあがろうとしない
  • 様子に落ち着きがない
  • ぐったりとしていて元気がない
更に重症化した場合の症状
  • 嘔吐、下痢をしている
  • 嘔吐、排泄物に血が混じっている
  • 筋肉の痙攣、震えが起こっている
  • 歯茎が白くなっている
  • 舌や口の中が青紫色になっている
  • 意識が無くなったり、呼びかけても反応しない

上記のような症状が見られる場合はすぐに動物病院に連絡し見てもらうようにしましょう。

その際に、行くまでに移動中も応急処置をすることが重要です。

犬の熱中症への応急処置方法

犬の熱中症への応急処置方法は以下です。

  • 日陰、室内の涼しい場所に移動する
  • 氷、保冷剤などで体を冷やす(頭、喉、首、脇の下、お腹、太ももの付け根など。)⚠︎冷やしすぎないように注意が必要
  • 常温の水をかけ、扇風機などで風を当てる(冷たい氷水など急激に冷やすのはNG
  • わんちゃんが水を飲める場合は飲ませる(無理やり飲ませるのはNG

熱中症の症状が見られる場合はすぐに応急処置を行いましょう。

また、応急処置で症状が落ち着いた場合でも目に見えない症状が起こっている可能性があります。

愛犬の為にも大丈夫だと自己判断をせず、必ず病院を受診するようにしましょう。

外での熱中症対策

暑い季節の散歩やお出かけは熱中症の危険性が高まります。

外での予防は下記を意識し過ごすようにしましょう。

    • 涼しい時間帯にお散歩をする(朝晩がオススメ)
    • 水を持ち歩きこまめに水分補給をさせる

  • 少しの時間でも車内に置いていかない、外に繋いだままにしない
  • 熱中症対策グッズを使用する(保冷剤入りバンダナ、タオル、水で濡らしたタオルを巻くなど)

お散歩は日が暮れたので問題ないと思っていてもまだコンクリートが暑く、コンクリートの熱から熱中症になる可能性があります。

また、最近では夜間でも気温、湿度が高くパウンティングが激しくなり熱中症になってしまう可能性もあります。

あまりにも暑い場合は無理をせず室内で過ごすようにしましょう。

わんちゃんのストレス発散にもなるおすすめの室内での過ごし方は下記にてご覧ください。

梅雨の時期でも退屈させない!ストレス発散方法〜わんちゃんとの雨の日の過ごし方〜
梅雨の時期がやってくるとなかなかお散歩に出ることができないですよね。 わんちゃんにとっては外で雨が降っていることはなかなか理解することは難しいものです。 今回はそんな梅雨の時期、雨の日のわ...

 

室内でも危険!室内での熱中症対策

室内なら安心と思いがちですが、実は室内にも熱中症の危険が潜んでいます。

室内で熱中症にならない為に下記の対策をしましょう!

  • 室温や温度を管理する(温度:25〜28℃、湿度:45〜65%がベスト
  • 外出する際はわんちゃんが快適な温度、湿度で過ごせるようエアコンを設定し、つけっぱなしにしておく
  • 十分に水分補給ができるよう都度確認する
  • ゲージやわんちゃんのいるスペースに直接日が当たらないようカーテンなどで日陰を作る
  • 大理石、アルミマットなどのグッズを活用する

 

室内でのおすすめグッズは下記にて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

この時期にピッタリ!冷え冷え大理石タイル
わんちゃんの暑さ対策されていますか? ひんやりグッズはたくさんありますが、耐久性が良く、お掃除もしやすいひんやりタイルを紹介しています。 愛犬の暑さ対策に是非いかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか。

熱中症このくらいの暑さなら散歩をしても大丈夫だろうしなら家を空けても大丈夫だろう少しなら外で待っていてもらっても大丈夫だろうといった、そんな少しの大丈夫だろうというところから起こり得ます。

対策をしっかりとして快適にわんちゃんと過ごしていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました