愛犬の体重管理〜我が家のわんちゃんもしかすると肥満かも…。適正体重とは?〜

知識
スポンサーリンク

愛犬の体重管理できていますか?今の体重が適正かどうか理解していますか?

体型が少しぽっちゃりとしていてもかわいいですし、太っていないから大丈夫だと思っていても気づかずに実は肥満だったということも有り得ます。

人間と同じようにわんちゃんにとっても肥満は病気(糖尿病、高血圧、心疾患、関節炎など…)の原因になってしまいます。

そうならない為にも、わんちゃんの状態を把握しておくことはとても重要です。

今回はわんちゃんの現在の状態がどうなのか簡単に確認する方法をシェアしていきます。

スポンサーリンク

愛犬の適正体重とは?

犬には犬種ごとに適正体重というものがありますが、それぞれ骨格、大きさが異なる為それでは体重が適正かどうか判断ができず曖昧になります。

また、そう言った理由から人のようなBMI、適正体重の計算では判断できず、計算式も存在しません。

では犬の場合は肥満かどうか、今の体重が適正かどうかをどのようにして判断するのでしょう…。

犬の場合はBCS(ボディコンディションスコア)で体重が適正かどうかを判断します。

BCS(ボディコンディションスコア)とは?

BCS(ボディコンディションスコア)は5段階の評価基準をもとに顎、首周り、助骨、お腹、腰回り、しっぽの脂肪のつき方や、くびれ具合を目で見たり、手でさわったりして確認し判断する方法になります。

確認する際は下記の5つの手順通りに行います。

1.わんちゃんの体の横から、ウェストのくびれ具合を確認する

2.わんちゃんの真上から腰のくびれ具合を確認する

3.助骨部分をさわり、骨の突起が手の下で感じられるかどうかを確認する(長毛犬の場合は毛の下に手を入れ地肌に近いところで確認する。)

4.ウェスト部分を手でさわりくびれ具合を確認する

5.腰の上方を手でさわり助骨どのくらい出ているかを確認する

BCS(ボディコンディションスコア)5つの評価基準

BC1 痩せ

横から見てウェストが深くへこんでいる。上から見てウェストが極端にくびれている。

触っても脂肪があるかどうかわからず、助骨、腰骨が簡単に確認できる。

BC2 痩せ気味

横から見てウェストが細くなっている。上から見てウェストがくびれている。

触るとうっすらと皮下脂肪があること、助骨、腰骨が出っ張りが簡単に確認出来る。

BC3 標準

横から見てウェストが緩やかに細くなっている。上から見てウェストの緩やかにくびれている。

触ると皮下脂肪と筋肉、助骨、腰骨も確認ができる。

BC4 太り気味

横から見てウェストが引き締まっておらず僅かなへこんでいる。上から見て僅かにくびれている。

触ると厚い脂肪に覆われており、助骨、腰骨がかろうじて確認できる。

BC5 太っている

横から見てウェストのへこみが全く確認できずお腹が垂れ下がっている。上から見てもウェストのくびれが確認できず樽のように寸胴に見える。

触ると厚い脂肪に覆われており、助骨、腰骨が確認できない。

以上が5つの評価基準になります。

皆さんのわんちゃんは5つの評価のうちどこに当てはまりましたか?

(BC3 標準)だったわんちゃんは現在の体重を計り、今後その体重を基準にすると体重が標準かどうか判断がしやすくなります。

わんちゃんは自分自身では体重管理ができない為、飼い主さんが今の状態を把握しておくことはとても大切です。

愛犬の体重管理をして体重の増加が原因で病気になることのない良い状態を目指していきましょう。

ダイエットについては下記をご覧ください。

ぽっちゃりおこめさんのダイエット
愛犬の体重管理はできていますか?知らずのうちにメタボ犬にはなっていないですか? 今回はダイエットに成功したポメラニアンのおこめの体験談、方法をシェアしていきます。 皆さんも是非実践してみては如何でしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました