愛犬の為の災害時の対策できていますか?【いざという時では遅い!!今すぐに備えよう】

知識
スポンサーリンク

いつどこで起きるか分からない地震や水害などの自然災害、避けることはできませんが備えることはできますよね。

近年では災害時に備え対策されている方もかなり増えたのではないでしょうか。

ですが、いざという時の大切な愛犬を守る為の必要な備えはできていますでしょうか?

今回はわんちゃんの為の防災対策を下記のような形でシェアしていきます。

※避難時に備えたわんちゃんの用品の準備については下記にてシェアしています

愛犬の為の防災対策できていますか?【環境省のガイドラインを基にした避難用品を揃えよう】
人の防災用品はセットになって販売されており準備ができているお家は多いと思います。 では、わんちゃん用の防災用品の準備はいかがでしょうか? 実際に災害が起きてしまうとわんちゃん用の用品はどう...
スポンサーリンク

家族で確認しておくべきこと

1.避難場所、ルートの確認を行う

環境省が定めている『災害時におけるペットの救護対策ガイドライン』では災害が起こった際は同行避難をすることが原則とされています。

同行避難・・・わんちゃんと一緒に避難所に避難すること(※わんちゃんと人とのエリアが分かれていることが多いです。)
同伴避難・・・わんちゃんと一緒に避難所に避難し同じ場所で待機すること
実際に災害が起こった時にどこに避難すれば良いのかを確認していたのでは避難が遅れてしまいますし、場所によってはわんちゃんを受け入れてもらえない場合もあります。
いつどこで災害が起こるか分からない為、家族全員で避難場所、避難ルートを確認し、いざという時に誰でも行動に移せるように備えておきましょう。
2.連絡先、連絡手段を確認する
大規模災害が発生すると通信インフラの損傷や、通信規制によって電話回線がつながりにくくなり家族と連絡を取ることが難しくなります。
避難したことが分かるようにわんちゃんの情報を共有できるような連絡手段を確認しておくこともとても重要です。
実際に避難したのかが気になってお家に戻ることで避難が遅れた方もいます。
誰が近くにいて避難させたのか、避難したのかきちんと情報共有できる手段を事前に確認しておくことは重要です。災害用伝言ダイヤル171も覚えておくと良いです)

お家での安全対策

1.室内の安全な場所にクレート、キャリーを設置

わんちゃんがいるスペースは物の転落落下飛散などでケガをすることがないような安全な場所かを一度見直してみましょう。

家具を固定しておくことはもちろん、普段から落下すると危険なものはしまっておくことが大切です。

また、災害発生時にわんちゃんが逃げ込めるようなクレート、キャリーバックなどの避難場所を作っておくことも重要です。

2.水を複数箇所に設置する

災害時にわんちゃんの元にすぐ帰宅できない場合もあると思います。

ボウルに水を一箇所に設置しているだけだとこぼれてしまい飲めず脱水症状に陥ってしまう可能性もあります。

水がこぼれてしまってもどれかで飲めるように複数箇所設置する、またはこぼれない工夫をするようにしましょう。

下記のような設置するタイプだと水が倒れたり、なくなる可能性が低く安心です。

日頃のしつけでの準備

1.普段からクレート、キャリーに慣れさせる

いざ逃げようとなった時にキャリー、クレートを準備していても嫌がって入ってくれない場合もあります。

クレートはとても丈夫ですが、普段から使用するのはなかなか難しいですよね。

下記のようなリュックタイプのキャリーなら普段からお出かけで使用することもできますし、そうすることでわんちゃんが安心して過ごせる場所にすることができます。

リュックタイプのキャリーについては下記に詳しくまとめていますのでご確認ください。

犬用おすすめリュック〜安心安全で快適に使えるリュックとは〜
犬用のリュック選びに困っていませんか? リュックの良い点、リュック選びのポイント、おすすめのリュックを紹介しています。 愛犬にとって良い使いやすく、安心、安全なリュック選びの参考になります。

2.災害を想定しペットに教えておくべきしつけ

普段から教えておくことで大切なしつけは2つあります。

1つ目はハウス』などの指示でわんちゃんがキャリーや、クレートにすぐに入ってくれるようにすることです。

指示ですぐに入ってくれるようにすることですぐに逃げる体制に入ることができます。

2つ目は普段の基本的なしつけです。

避難所に避難した場合はわんちゃんが苦手な方もいらっしゃる中での生活になる可能性もあります。

飼い主さんの指示で待て』『おいで』『伏せ(おすわり)ができること、他の人(わんちゃん)に噛まない吠えないようにするなど日頃からしっかりと教えることは災害時のトラブル防止にもつながります。

吠えないわんちゃんになる為の方法については下記にてご確認ください。

要求吠えが絶えなかったポメラニアンが全く吠えない犬になった方法
皆さんはわんちゃんの吠える行動には困っていませんか? このブログでは要求が絶えなかったわんちゃんが全く吠えなくなり、今では全く声を聞かないくらいに成長した方法をシェアしています。 この方法を試して吠えないわんちゃんへとしつけてみませんか?

迷子・伝染病への備え

1.マイクロチップの装着、情報登録

近年、マイクロチップの義務化になり装着しているわんちゃんが多くなりました。

災害時には最悪の場合迷子になってしまう可能性もありえます。

装着することで迷子になってしまった際にリーダーからの電波をマイクロチップが受信するため、犬や猫が飼い主のもとへと無事に帰れる可能性が高くなります。

2.ワクチンの接種、証明書

慣れない避難所での生活がわんちゃんのストレスになり免疫力が低下すること、他のわんちゃん猫ちゃんと触れ合うことで健康を害してしまう可能性もあります。

そのため、普段からワクチンを接種しておくこと、ノミダニ、フィラリアの対策はとても大切です。

また、避難する際に、避難所で怪我や病気をしてしまう場合などに備えて証明書の原本を持ち歩くことは難しい場合もあるので、写真撮って持っておくこともお勧めです。

最後に

どうしても普段の生活では危機意識を持って備えておくことは難しいのかもしれません。

でも、そのいざという時になってからではもう遅いということになり兼ねません。

私自身、東日本大震災を経験しなければここまでの危機意識は持つことはできなかったと思います。

大切な愛犬の命を守ることができるのは飼い主さんです。

この記事をきっかけにわんちゃんの災害対策を行う飼い主さんが増えてくれるととても嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました