愛犬の為の防災対策できていますか?【環境省のガイドラインを基にした避難用品を揃えよう】

知識
スポンサーリンク

人の防災用品はセットになって販売されており準備ができているお家は多いと思います。

では、わんちゃん用の防災用品の準備はいかがでしょうか?

実際に災害が起きてしまうとわんちゃん用の用品はどうしても救援物資を運ぶ緊急車両としては認められず場所によっては届かないこともあったそうです。

その為わんちゃんの為の用品は、どこかの団体、個人的に支援して持ってきてくださる方がいないと手に入れることができません。

そういった事実を受け止めると、人の用品は優先的に届く為、わんちゃんの為の用品を事前にしっかりと準備し持っていく必要があるのではないでしょうか?

今回は大切なわんちゃんの命を守る為、何をどれだけ準備しておけば良いのかをシェアしていきます。

(防災対策については下記をご覧ください)

愛犬の為の災害時の対策できていますか?【いざという時では遅い!!今すぐに備えよう】
いつどこで起きるか分からない地震や水害などの自然災害、避けることはできませんが備えることはできますよね。 近年では災害時に備え対策されている方もかなり増えたのではないでしょうか。 ですが、...
スポンサーリンク

何日分準備していれば安心??

災害の規模によって電気・水道・ガスなどのライフラインが復旧するまでに時間がかかり、住んでいる場所によっても復旧の目処は大きく異なるといわれています。

災害時にわんちゃん用の用品がなかなか届かないことを考えるとできるだけ多く持って行くと安心ですよね!

ですが、わんちゃんのキャリーバッグ(クレート)、人用の防災用品、わんちゃん用の防災用品となるとかなり荷物が多く実際に持ってみるとかなり大変です。

では、必要最低限持っていくとして何日分を準備すれば良いのでしょうか。

環境省の「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を参考にすると少なくとも5日分、できれば7日分が良いとされています。

実際にリストの用品を7日分用意していただくとわかりますが、持ってみるとかなりの量になります。

いつ起こるかわからない災害、家族の誰がわんちゃんと用品を持って避難するのかわかりません。

誰がいつ起きても避難所まで行けるように用品を持って一度歩いてみることをお勧めします。

わんちゃん用の防災用品リスト

防災用品はかなり多くなってしまうことから優先順位をつけて準備しておき持ち出せるようにしておく必要があります。

今回は環境省の「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」から必要なリストをまとめてみました。

避難させる際に必要なもの
1.クレート・キャリーバッグ
災害時にはクレート、キャリーにわんちゃんに入ってもらうように指示しすぐに避難する必要があります。
クレートはとにかく頑丈で災害時には安心ですが、避難所では場所によってクレート、キャリーの中で過ごさなければいけない場合もあります。
その為、わんちゃんが安心して過ごせる場所であることが重要だと思います。
個人的にはクレートよりもお出かけなどで普段使いできるキャリーバッグの方がわんちゃんも安心して使えるようになれることができる為おすすめです。

ハーネス、リード
余裕がある際はハーネス、リードをつけてクレート、キャリーバッグに入れて避難させることができます。
ですが、余裕がない場合もありそれをすぐに判断するのは難しい為、予備のハーネス、リードをクレート、キャリーに入れておくことがお勧めです
避難所ではハーネス、リードは必須になるので必ず持つようにしましょう。
下記のようなタイプだと、コンパクトで収納しやすくお勧めです。

次に優先順位別の防災用品を紹介していきます。
優先順位が高い防災用品リスト

●療法食、薬
● フード、水(少なくとも5日分[できれば 7 日分以上が望ましい])

フードは普段食べ慣れてるものを準備しておきましょう。

水にもいろいろ種類がありますが、基本的に水道水を準備しておくことがお勧めです。※市販のミネラルウォーターの場合は、「硬水」「軟水」かどうかを確認しましょう。「硬水」にはマグネシウムなどのミネラル分が多く含まれており、犬の尿結石の原因となる可能性があります。

● 食器
● ガムテープ(ケージの補修など多用途に使用可能)
● 飼い主の連絡先とペットに関する飼い主以外の緊急連絡先・預かり 先などの情報
● ペットの写真(携帯電話に画像を保存することも有効)
● ワクチン接種状況、既往症、健康状態、かかりつけの動物病院など の情報

優先順位が低い持ち物リスト

● ペットシーツ
● 排泄物の処理用具
● トイレ用品
● タオル、ブラシ
● おもちゃ

以上が環境省で出している防災用品リストになります。

優先順位の高いもの、低いものに分けて準備しておき持てる場合は2個、難しい場合は高いものだけ持っていくようにしましょう。

防災用品リストにはなかったとてもお勧めしたいもの

水のいらないシャンプー

どのくらい水が使えないのか、使えたとしても制限される可能性があります。

そうなると衛生面がかなり悪くなりそれによって弾きおこる感染症、病気もありえます。

そうならない為にも水のいらないタイプのシャンプーを持っておくことはわんちゃんの健康の安全を守ることにつながりとても安心です。

アルコールの入っていないウェットティッシュ

上記と同様になりますが、水が使えない制限される可能性があること、汚れた箇所、目、鼻、口等部分的に拭きたい時にとても便利です。

(⚠︎わんちゃんはアルコールを分解できない為アルコールが入っているものは選ばないようにしましょう。)

折り畳み式テント

避難所に避難した際に、避難先でわんちゃんと一緒にいれるのか、別の部屋になるのか、若しくはわんちゃんだけ外になる可能性もあります。

必ずしもわんちゃんと一緒の場所にいられるとは限らないこと、場所が外である可能性があることも考えると、雨や風を防ぐことのできる小さなわんちゃん用の折り畳み式テントがあれば、万が一外になった場合でも安心です。

最後に

当たり前のことになってしまいますが、災害にあいたくてあっている人はいません。

誰でも可能性があるということ、だから備えておく必要があるという意識を持つこと、行動にうつすことはとても大切です。

実際に災害にあうとパニックになり本当に余裕がなくなってしまうものです。

どうか少しでもわんちゃんの命を守るために動いてくれる人が増えますように。

タイトルとURLをコピーしました